齋彌酒造店 雪の茅舎 製造番号酒 35% 純米大吟醸 生酒

さいやしゅぞうてん ゆきのぼうしゃ せいぞうばんごうしゅ 35% じゅんまいだいぎんじょう なまざけ

純米酒の頂点を目指して醸されたお酒です。山田錦を35%まで磨き、袋吊りで一番良いところだけを採った贅沢な一品。

  • 齋彌酒造店 雪の茅舎 製造番号酒 35% 純米大吟醸 生酒 720ml R2BY

    齋彌酒造店 雪の茅舎 製造番号酒 35% 純米大吟醸 生酒 720ml R2BY

    さいやしゅぞうてん ゆきのぼうしゃ せいぞうばんごうしゅ 35% じゅんまいだいぎんじょう なまざけ 720ml R2BY

    価格 ¥5,280
    在庫数 8

    原料米 山田錦
    精米歩合 35%
    日本酒度 未定
    酸度 未定
    アルコール度数 16度

  • 齋彌酒造店 雪の茅舎 製造番号酒 35% 純米大吟醸 生酒 1800ml R2BY

    齋彌酒造店 雪の茅舎 製造番号酒 35% 純米大吟醸 生酒 1800ml R2BY

    さいやしゅぞうてん ゆきのぼうしゃ せいぞうばんごうしゅ 35% じゅんまいだいぎんじょう なまざけ 1800ml R2BY

    価格 ¥11,000
    売り切れ

    原料米 山田錦
    精米歩合 35%
    日本酒度 未定
    酸度 未定
    アルコール度数 16度

齋彌酒造店

仕込み水は硬度5.6の中硬水、85%が契約栽培米、麹米は全量山田錦(兵庫県産)で掛米は秋田酒こまち。
28BYは9,000俵の米から4,500石製造予定。

米、水、風土そして人

米づくりから始まる酒づくり

雪豊年、雪の多い年は豊作になるといわれてきました。水に不自由しないことが、豊作につながるとして、昔から伝えられてきました。齋彌酒造店では、杜氏をはじめとする蔵人が、自ら酒造好適米(秋田酒こまち)を栽培して、自慢の米で酒造りをしています。杜氏いわく「米に含まれるたんぱく質の量が少ない方が、雑味の少ない日本酒になる」とのこと。優れた栽培・醸造特性を有する「秋田酒こまち」で仕込んだお酒をお楽しみください。

ありがたき恵みの水

山に降り積もった雪は、雪解け水となり川に流れ、人々の暮らしや水田に豊かな恵みをもたらします。酒造りでも、洗米から出荷まで多くの工程で、大量の水を必要とします。当蔵内では、由利本荘の自然豊かな恵みを受けて、良質の水が豊富にこんこんと湧き出ています。

手造りの技で最高の酒室を目指す

高橋藤一杜氏をはじめとする蔵人の技により、酒造りが行われます。伝統の技と新しい酒造りの研究が、「酵母の自家培養」や「山廃の復活」を可能にするとともに、数々の賞の受賞につながっています。全国新酒鑑評会での、平成に入って13回の金賞受賞は秋田県1位の成績です。

三無い造り

櫂入れをしない
酵母の働きにまかせて、長い時間をかけてじっくり醸された酒には、まろやかで豊かな風味があります。

濾過をしない
厳選した原料米をゆっくりと半分ほどまで磨き、醸して搾られた酒は、そのまま加工されることなく蔵出しされます。

割り水をしない
搾った酒は、水を加えられることも無く、醸された旨味成分がそのまま盃に注がれます。