オロワインズ コモロコ

Orowines Comoloco

フミーリャの北部にある畑の面積は40ha。20haが自社畑で、20haは契約農家の葡萄を使っています。標高700mの北向きの斜面です。大陸性気候の影響を受け、雨が非常に少なく、年間の降雨量はわずか250mmという極端に乾燥した土地です。土壌は石灰質で、30cmも掘ると岩ばかりになります。モナストレスに最適な畑です。樹齢の若いものをコモロコに使いますが、それでも樹齢は25〜30年です。植密度は、1ha当たり1,600本。葡萄の収穫は手摘みで行ないます。
ワインメーカーは、ファン・ヒル・グループの総合エノロゴ、バルトロ・アベリャンです。発酵前に、8度でプレマセラシオンを2日間行います。発酵、熟成ともにステンレスタンクで行います。熟成は4ヶ月、ボトリング前に軽くフィルターをかけます。
フローラルなアロマと共に、ミネラルの奥から熟したチェリーの香り。豊かな果実のフレイバーと甘くエキゾティックなスパイスがいっぱいに広がります。口に含むとフレッシュで、バランスのとれたタンニンが心地よく感じられます。
「comoloco」とは、madとか、crazyという意味で、ラベルの絵はウッドペッカー(キツツキ)です。

  • オロワインズ コモロコ

    オロワインズ コモロコ

    Orowines Comoloco

    価格 ¥1,300
    売り切れ

    モナストレル100%

    フローラルなアロマと共に、ミネラルの奥から熟したチェリーの香り。豊かな果実のフレイバーと甘くエキゾチックなスパイスがいっぱいに広がります。口に含むとフレッシュで、バランスのとれたタンニンが心地よく感じられます。

オロワインズ

旧来のフミーリャのイメージ刷新の立役者となった生産者、フアン・ヒルが手掛けるのが、オロワインズ。彼は「ワイン・アドヴォケイト」で極めて高い評価を受け、世界的な注目をフミーリャに向けさせました。フミーリャの北部にある畑の面積は、45ha、標高700mの北向きの斜面です。大陸性気候の影響を受け、雨が非常に少なく、年間の降雨量はわずか250mmという極端に乾燥した土地です。土壌は砂と石灰質、樹齢は25年以上です。植密度は、1ヘクタール当たり1,600本。葡萄の収穫は手摘みで行ないます。ワインメーカーは、ボデガス・フアン・ヒルの醸造も担当するバルトロ・アベリャンです。