ドメーヌ デ ランブレ クロ デ ランブレ グラン・クリュ

Domaine des Lambrays Clos des Lambrays Grand Cru

2001年ヴィンテージは、輝きのあるルビー色とほどよく深いアロマが特徴です。ビロードのようなタンニンが心地よい、長い余韻が美しいワインです。

ドメーヌ デ ランブレ

所在は、モレサンドニ村。歴史は14世紀にさかのぼり、所有する11ヘクタールの畑のほとんどはモレサンドニにあります。現在はドイツのフロンド・グループの傘下。いくつかのブルゴーニュワインを手がけますが何と言ってもトップはクロデランブレ(モノポール)。ドメーヌのフラッグシップ的銘柄です。このブルゴーニュ最大の特級は、1981年に例外的に1級から特級へ昇格しました。そしてドメーヌとしてもクラスマンにおいて、2006年からは最高の三ツ星に格上げされています。ロゼと白は毎年ほんの少量だけ造られる貴重品です。

ドメーヌでは平均樹齢約50年のクロ・デ・ランブレイ8.7haをはじめ、1haのモレ・サン・ドニ、小さな区画のプルミエ・クリュをいくつか所有しています。

収穫は手摘み、厳しく選果され、ブドウは温度管理された小さなタンクで15~18日間発酵されます。除梗は必要な時のみ。樽熟成は空調が完備されたセラーで18ヶ月行われ、新樽は50%使用されます。美しいルビーカラー、綺麗な酸と深みのある味わい、長くエレガントな余韻が続く素晴らしいワインを生み出します。