セニュリ デポワス(シャトー デポワス) ムルソー レゼサール

Seigneurie d'Epoisses (Chateau d'Epoisses) Meursault les Essarts

ムルソーらしい火打石のニュアンスや生き生きとした果実味、まろやかな味わいと長い余韻が印象的なワインです。

セニュリ デポワス(シャトー デポワス)

フランスの美食家ブリヤ・サヴァランが「チーズの王様」と賞賛した、ブルゴーニュを代表するチーズ"エポワス"の名を冠するシャトー
デポワス。シャトー
デポワスは、コート・ドールの丘陵、小さな村エポワスのスミュールという町にある美しい城で、ブルゴーニュ地方の歴史的建造物としてオウレオ・スピリットに属する大変由緒あるシャトーです。シャトー
デポワスの名を冠したこのワインは、シャトー内でしかサービスされないプライベートワインであるとともに、歴史的建造物のオーナーの団体<オウレオ・スピリット>ブランドとして、その品質を保証されています。

オウレオ・スピリット ブルゴーニュの伝統と誇りの象徴
<オウレオ・スピリット>は、ブルゴーニュ地方に現存する修道院やシャトー等、由緒ある歴史的建造物のオーナーの団体です。彼らにとってワインとは、古来より、キリストの血を象徴する特別な位置づけのものでありました。それゆえ、それぞれで開催する大事なレセプションの場では、数世紀に渡って伝承された独自の厳しい審査方法でワインが選ばれてきました。現在でも、ブルゴーニュの"粋"ともいえる古式に則ってワインがセレクトされ、伝統と誇りの象徴としてのブランドが形成されています。