スーヴェラン : ソーヴィニヨン・ブラン

Souverain : Sauvignon Blanc

メロンを中心とするアロマに、レモン、グレープフルーツの柑橘のアロマが重なり、爽やかなトップノーズ。口のなかでは、オークからのバニラの風味と柔和な口当たりが広がり、程よい重量感がある。ミディアム・ボディでジューシーなフィニッシュ。

スーヴェラン

スーヴェランの起源は1944年、リード・スチュアートが立ち上げたナパ・ヴァレー、ロッシ・ワイナリーに遡り、73年にラザフォード・ヒル・ワイナリーの創業者に売却された後、97年にベリンジャー・ブラスを経て、現在はオーストラリアのフォスターズ・ワイン・エステート・グループの傘下です。

ワインメーカーのエド・キリアンが加わることで、著しいクオリティの向上を遂げ、ワイン・スペクテイター誌のワイナリー・オブ・ジ・イヤー(2001年)に輝くなど、現在ソノマで最も安定したクオリティで、バリューのあるプロデューサーのひとつとして知られています。醸造所とワイナリーの敷地を売却したことを機に、ラベルに描かれていたシャトーがなくなり、ワイナリー名はシャトー・スヴェランからスーヴェランへと変更されました。現在はスーヴェランの自社畑が広がるソノマ・カウンティ、アスティに移り、ワインはガイザーヴィルで造られています。

どのワインもバランスが良く、コスト・パフォーマンスに優れ、アレキサンダー・ヴァレーの特徴である、しっかりとした酸味と適度な熟度が備わっています。