ラ・チャミーザ : ポロ・アマテウ マルベック

Finca La Chamiza : Polo Amateur Malbec

最初に造られたワインのブドウは、元々はポロの競技場だった場所。初めて所有した畑名が"La
Chamiza(ラ・チャミーザ)"だった。総栽培面積145ha。メンドーサはアルゼンチン・ワインの総生産の70~75%を占める。その中でもマイプは特に栽培条件に恵まれ、高品質ワインの産地として知られる中央部に位置。現在D.O.申請中。土壌は沖積土。点滴灌漑。乾燥した大陸性気候。畑は日当たりが良く、ブドウが完熟する。100%除梗後、破砕。前発酵(発酵前のかもし)を行う。発酵はステンレス・タンクで10日間、25-29℃にて。ミクロ・オキシジジェナシオン(酸素の微泡を注入)を施す。マロラクティック発酵は自然に起こる。ステンレス・タンクで6ヶ月間熟成。アルコール度13.5%。ポロ・スポーツの馬にはたくさんの特別なケアが必要。ワインのブドウにも同じことが言える。

ラ・チャミーザ

フィンカ・ラ・チャミーザは、コンチャ・イ・トロが所有する会社。コンチャ・イ・トロと同じルールで、ワインを市場に出荷し、カスタマー・サービスを行っている。最高品質の商品を造り出し、アルゼンチンの伝統的なスポーツのひとつ"ポロ"とリンクすることにより他と差別化すること、またアルゼンチンを代表する、独自のスタイルのブランドのワインを立ち上げることが目的だった。ヴィネクスポにも出展し、顧客へのアピールも行っている。BMW、ラ・マルティーナ、シェラトンなど一流企業とコラボして、ブランド活動をしている。