ドミニク・ローラン ブルゴーニュ・ルージュ キュヴェ ヌメロ・アン

Dominique Laurent Bourgogne Rouge Cuvee No.1

ドミニク・ローラン

1989年にスタートした元菓子職人のネゴシアンです。ローラン家は、代々フランシュ・コンテ地方のヴェズール市で大きな菓子屋を営んでいて、ドミニクが菓子職人として父の元で働いていた時代にベルギーのワインファンの要望で、品質の高いブルゴーニュワインの買い付けを始めることになり、1978年頃からブルゴーニュの造り手を訪れ、ブルゴーニュ黄金時代の傑作品とも言えるワインを次々とテイスティングし、優れたワインがいかにして造られるのかを知る機会ができました。1989年、「ブルゴーニュ黄金時代の再現」を理想に、自らネゴシアンとしてニュイ・サン・ジョルジュで本格的にワイン造りを始めました。畑を持たないネゴシアン業で、出来たワインを買い取る訳ですが、その買い取りの基準は「古い葡萄の木で、手摘み収穫。色と味わいを最大限に引き出す為、葡萄は潰さず房のまま発酵。」らしいです。これらからドミニクマジックで仕上げられたワインが生まれます。