シャトー プレイザンス : マエル・モワルー ヴァン・ド・ペイ・デュ・コンテ・トローザン

Chateau Plaisance : Maelle Moelleux VdP Tolosan

淡い黄色。柑橘類や花の繊細な香りがあります。残糖とアルコールのバランスが抜群で、口いっぱいに広がり、とても長い余韻へと続きます。気楽に飲めますが、デザートやフォワグラを用いた料理とも相性は素晴らしいです。

シャトー プレイザンス

多彩なテロワール~フランスの新世界~

ボルドーから流れるガロンヌ河の上流域に連なるシュッド・ウエスト地方は、その品質と価格のパフォーマンスにおいて、注目を浴びています。しかし南西地方のワインという名で、この異なる伝統を持った産地に共通したスタイルを見出すことはできないでしょう。なぜなら共通した土着品種もなければ、歴史も、土壌もすべて異なるモザイク状のテロワールがそこには存在しているからです。まさに【フランスの新世界】と言える新しい流れが生まれてきているのです。カオールやマディランを例に挙げるまでもなく、南西地区=濃厚な赤ワイン産地のイメージが強いこの地域において唯一無二ともいえる個性を見せる産地がこのフロントンです。トゥルーズ市の北部、ガロンヌ河とタルン川の中間に位置する標高の高い沖積台地、石灰質をまったく含まないブルべーヌと呼ばれる酸性の土壌において、孤高の品種、ネグレットから造られるフロントンのワインは真のテロワールのワインと言えるでしょう。

ぺナヴェール家は数世代にわたって葡萄栽培、牧畜、果樹栽培をこの地で行っていました。現当主マルクの父、ルイ・ぺナヴェールの代に、葡萄栽培に専念する決断をしました。1985年、ぺナヴェール家が元詰めを開始した年、現当主マルク・ぺナヴェールが国立農学研究所を卒業した記念すべき年でもあります。父ルイと息子マルクは二人で力を合わせ、より高い品質を追い求めています。畑も7haから16haに拡大しました。独学のヴィニュロンであるマルクは、早い段階から品質を追求し、また、この地の個性を生かす様々な葡萄を植えました。彼らが獲得した数えきれないメディアの称賛が、ワインの品質を物語っています。

テロワールの魔法 ~フロントン~

彼らの畑はフロントンの中でも最も標高が高い220mの所に位置する沖積土壌の台地です。この痩せた粘土質土壌はブルべーヌと呼ばれ、小石混じりの礫質ブルべーヌと砂利と酸化した珪土の砂質ブルべーヌに分けられます。この特異な土壌は葡萄栽培以外には適していませんが、自然に収穫量が制限され最高の品質を生み出すのです。

シャトー・プレイザンスでは、環境にやさしい方法を用いて、葡萄に細心の注意をはらっています。除草剤や化学薬品は使用せず、植物ベースの肥料のみ使用します。テロワールのままに雑草が畑をカバーしています。最高の葡萄を求めるために、摘芽やグリーンハーヴェスト、そして除葉をすることで葡萄樹に通気性を与えています。

大地と葡萄のエッセンス

醸造方法は各テロワールにより決定されます。彼らのワイン造りにおけるあらゆるプロセスは、"大地と葡萄のエッセンス"を表現することに他ならないのです。葡萄品種の個性を遺憾なく発揮させるために、発酵はすべて葡萄の皮についた天然酵母によって行われます。赤ワインは濾過を行わないため、しばしば澱が沈殿しています。

孤高の葡萄 ネグレット

ネグレットの起源はイラクから始まったと言われています。2000年の歳月を経て、今日ではフロントンで栽培されています。6世紀の文献によるとMavro(ギリシア語で"黒い"の意味)という名前で栽培されていたようです。12世紀にはNegreという名前を文献に見つけることができます。やがてネグレットはガロンヌ河とタルン川の上流域の一部に定着しました。この葡萄はカリフォルニアのごく一部でも見つけることが出来、ピノ・セント・ジョージもしくはカリフォルニア・ピノ・ノワールと呼ばれています。深い色調を持ち、酸が低めで、紫、黒系果実や甘草といった芳醇な香りがあります。ネグレットから造られるワインは非常に長い余韻を持っています。

シャトー・プレイザンスで造られるワインは、テロワールと丹念な醸造により、深い色調を持ち、しなやかで芳醇、バランスに長けたワインです。