ニコラ・テスタール : ボジョレー・ヴィラージュ レ・ラパン モノポール

Nicolas Testard : Beaujolais Villages Les Lapins Monopole

ニコラ・テスタール

ニコラ・テスタールはまだ若干29歳ですがその経験はとても豊富です。
幼い頃からぶどう畑で遊んでいた彼は、学校の卒業と共にブルゴーニュのティエリー・ヴィオロ=ギィマールのもとで修行を始めます。その後、2年間はジャイエ・ジルとともに働き、2000年から2005年までプリウレ・ロックのもとでワインを学びました(フィリップ・パカレの後の醸造責任者)。

その後、ニコラの情熱と繊細さに魅力を感じたシャトー・デュ・モンソー(Chateau
de Montceau)とドメーヌ・デ・ラジャ(Domaine des
Rajats)のオーナーは、是非ワイン造りを任したい!と彼にオファーをしました。その頃の土壌は、まだ化学物質や殺虫剤を使用していましたが、自分が来たからには畑を浄化しなければならないと、任された区画を少しづつビオ栽培へと変更していきました。