アニェス・エ・セバスチャン・パケ : ブルゴーニュ シャルドネ

Agnes et Sebastien Paquet : Bourgogne Chardonnay

2006年がファーストヴィンテージ。彼女が「一目惚れした」ブルゴーニュ・ブランをタンク買いし、都合24ヶ月間タンクで熟成させたネゴシアンものです。(2007年ヴィンテージ以降はぶどうを購入して自家醸造)。コート・ド・ボーヌ地区の数箇所の区画より。平均樹齢20年。化学肥料、除草剤、殺虫剤等を一切使用しない、厳格なリュット・レゾネを実践するヴィニュロンから購入。「私はACブルゴーニュの畑を持っていませんが、私にとって理想的なシャルドネに出会い、より気軽に美味しいシャルドネを楽しんでいただきたいという思いで、商品化することにしました」(アニェス・パケ)。年間生産量は5000
本。2006年ヴィンテージは、日本への割当分以外は、ミシュラン3つ星の「ラ・コート・ドール」を含む「ベルナール・ロワゾー」グループの4つのレストランが買い占めました。

アニェス・エ・セバスチャン・パケ

2001年に創業したアニェス・パケは、今日のブルゴーニュ新世代を象徴するような存在です。創業当初からの実質ビオロジーのリュット・レゾネ栽培や、毎年1本1本ぶどう樹を観察して優れた樹の選抜と育成を行う「マス・セレクション」への取り組みといった地道な努力を続けながら、急斜面をものともせずに土まみれになって畑で汗を流しています。

「美味しい料理を引き立て、ガストロノミーに愛されるワインを造りたい」と願う彼女は自身のワインでそれを証明し、オークセイ・デュレスというややマイナーなアペラシオンにも関わらず、その品質に感動した「ピエール・ガニェール」、「ラルページュ」、「コート・ドール」、「ランズブール」といったミシュラン3つ星レストランのソムリエ達もこぞってオンリストしはじめました。彼女のワインは、透き通るようにピュアで清らかな口当たりながら、大地の滋養の結晶たる深いうまみに満ち溢れています。(それにしても昨今のブルゴーニュの女性醸造家達の造るワインは、頭ひとつ抜きんでているように思えます)。

「畑で自然と接するのが何より楽しい」という彼女は、休日も旦那さんとブルゴーニュの大自然の中をサイクリングに出かけるなど、ライフスタイルそのものが自然志向です。