ディ・マーヨ・ノランテ : カベルネ

Di Majo Norante : Cabernet

ディ・マーヨ・ノランテ

ディ・マーヨ・ノランテは1800年代より続く生産者です。フィロキセラの害により一時ワイン造りから離れていましたが、1960年にラミテッロで見事に復活し、以来モリーゼ州で最も重要な生産者として世界に知られています。現在およそ120haの畑を所有し最新の技術と熱い情熱によってワインが造られています。

畑は120haもありますが、その内ワインが造られるのは35%程です。それだけ収穫量を減らし、厳しい選果を行っています。

"土着品種の品質向上"、"飲みやすく、飲んで美味しいワイン造り"、"良いぶどうからしか良いワインは出来ない"、等がモットーです。

ディ・マーヨ・ノランテのワインは、バートン・アンダーソンのイタリア・ワイン・ポケット・ブックやヒュー・ジョンソンのワールド・アトラス・オブ・ワイン等で、モリーゼのおすすめワインとして紹介されています。また、ガンベロ・ロッソにも掲載され、高い評価を得ています。

イタリアで最も有名なエノロゴ、リカルド・コタレッラの指導も受け、品質はますます向上しています。