ザビエル・ワイスコップ : トゥーレーヌ ルージュ

Xavier Weisskopf : Le Rocher des Violettes Touraine Rouge

ザビエル・ワイスコップ

ザビエル・ワイスコップは、2005年からトゥーレーヌのモンルイでワイン造りを始めた新しいドメーヌです。

ザビエルは、葡萄栽培や醸造学を学んだ後、ジゴンダスのシャトー・サンコムで、ルイ・バリュオールのもと、ワイン造りに従事し、4年の間で赤ワイン造りのノウハウを学びました。実質的には、マルベック、カベルネ・フラン、ガメイのブレンド方法です。そして、2005年1月、自身のワイン造りを実践するべく、モンルイに約9haの苗木と、15世紀頃のすばらしい石の貯蔵庫を購入しました。

ザビエル・ワイスコップでは、常にモンルイの土壌の個性を大切にした、化学やシステムには頼らないワイン造りをモットーにしています。

白ワインは、石灰石の固い土壌で栽培された最も若い樹齢区画の(若干30年樹齢分も含まれています)シュナンブランから造られています。1/3はステンレスタンクで、残りの2/3は3年使用した樽で醸造されます。ワインの熟成は通常澱を撹拌しながら6ヶ月で終了させます。

赤ワインは11ヶ月古樽で熟成します。いずれのワインも、果実味豊かでエレガント、滑らかな口当たりと、ミネラル感たっぷりの味わいが魅力です。