ポール・レイツ : ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエ・クリュ レ・ブドー

Paul Reitz : Nuits Saint Georges 1er Cru Les Boudots

サクランボ色。サクランボ、グリオットの赤系果実、カシス、熟した桑の実の黒系果実、ヴァニラのような樽香が鮮やかに現れます。アタックは柔らかく、タンニンのしっかりとした骨格のあるワインです。

ポール・レイツ

大樽製造業の祖父はフランス革命時にブルゴーニュ地方に移り住んできました。1882年、ポール・レイツはコート・ド・ボーヌとコート・ド・ニュイの間に位置するコルゴロワン村の葡萄畑に会社を創立しました。そして4代にわたり、ポール・レイツは高い伝統の醸造と販売においての技術と知識を守ってきました。ポール・レイツのマークは高品質と厳正さを意味しています。彼らはワインに誇りを持っているのです。

契約している栽培者から葡萄を仕入れ、醸造・熟成・瓶詰めを行います。木樽でのブルゴーニュワインのエルバージュ(育成)と保管は、ワイン造りにおいて最も重要な過程のひとつと考え、とりわけ十分に注意を払います。その結果、ワインの熟成に必要なタンニンを得ることができるのです。タンクでの貯蔵はブルゴーニュ地方の伝統的なやり方ではありませんが、ボージョレ、アリゴテ、マコンなどいくつかのワインは若くフレッシュな飲み頃を意識して樽ではなくタンク貯蔵をしています。系統的に成分分析を行い、テイスティングすることによってワインの熟成を確実に管理しています。そして各ワインに対して瓶詰などの過程を決定します。彼らが使用している設備は品質を保ち、デリケートなワインも安全に瓶詰めすることができます。各過程は有資格者によってコントロールされ、必要に応じて調整し、分析室と醸造長に即座に情報を送っています。