レ・タン・ペルデュ(クロティルド・ダヴェンヌ) : サン・ブリ

Les Temps Perdus (Clotilde Davenne) : Saint Bris

3.5ha。平均樹齢20年。ソーヴィニヨン100%。石灰岩質(キンメリッジアンとポルトランディアン)土壌。スクリューキャップです。口に溢れんばかりの爽快感。ソーヴィニヨンにはキンメリッジアン土壌が一番合うのではないかと思わせるほどの上品な美味しさで、透き通るようにピュアな透明感とミネラルのうまみが特徴です。

レ・タン・ペルデュ(クロティルド・ダヴェンヌ)

クロティルド・ダヴェンヌは、友人でもあるナタリー・フェーヴルと並ぶシャブリ地区きっての女性醸造家で、シャブリの名門ジャン・マルク・ブロカールで
17年間に渡って醸造長を務めた実力派です。生活を切り詰めて地道に貯金しながら、家族や友人から少しずつ畑を買い増していき、2004年、独立してこのドメーヌを興しました。

彼女が挑むのは、ソーヴィニヨン・ブラン。栽培はシャブリのビオロジー栽培の第一人者ジュリアン・ブロカールの指導を受けながら、1992年から実質ビオのリュット・レゾネ栽培を行ってきました。

ファーストヴィンテージのサン・ブリ
2004が「ギド・アシェット」でいきなり2つ星を獲得して話題となったのを皮切りに、彼女は多数の現地メディアに写真入りで特集されるなど注目の的となっています。また、多くのコンクールで金賞を獲得しています。

尚、ブランド名の「レ・タン・ペルデュ」は「空き時間」という意味で、その昔、栽培労働者達が空き時間に畑の大きすぎるキンメリッジアンを取り除き、それを集めた場所をレ・タン・ペルデュと呼んだことに由来します。彼女のサン・ブリの畑が大小のキンメリジャンに覆われていることから命名されました。