エスターハージー : ヴェルシュリースリング クラシック

Esterhazy : Welschriesling Classic

Producer's note

The light and crisp white from Burgenland. With fresh fruit aromas and
nice, aromatic flavours offset by mouth-watering acidity.
ブルゲンランドの軽やかで喉越しの良い辛口白ワイン。フレッシュでフルーティな香り、アロマにあふれた味わいと生き生きとした酸味。

Vinification
juice cooling, cooled fermentation at 16℃, 2-3 weeks on the less.
果汁を16℃に冷やしながら発酵させ、2-3週間澱と一緒に寝かせておく。

food pairing
as aperitif, to light starters, spreads, marinated beef.
食前酒として、軽い前菜、サンドウィッチと牛肉のマリネ

エスターハージー

アイゼンシュタット市の郊外に、エスターハージー(エスタハジー、エステルハージー、エステルハジーと多くの日本語表記が存在)宮殿を望み、モダンなデザインのワイナリーが建てられました。オーストリアにおける最新の技術によりワインを生産しています。この他と比べものにならないワイン醸造技術は、土地の特徴とそれぞれのブドウ品種のアロマとフレーバーのすべてをワイングラスにまでもたらし、味わい楽しめることを目標としています。その為にエスターハージー・ワイナリーはワイン醸造の技術の開発と最新技術の導入のリーダーシップを担っています。

エスターハージー家は17世紀からブドウ栽培とワイン醸造を手がけてきました。ワイナリーの第一の目標は代々受け継がれてきたワイン作りの伝統と近代的な技術を結びつけることにあります。

エスターハージー公爵家の豪華な宮廷の生活は非常に有名で、マリア・テレジア皇后のみならず、エスターハージーワインは多くの人々から高い評価を受けていました。このワインはパノニアのマイルドな特別な気候で育ったブドウをエステルハージー宮殿のワインセラーで醸造した高級なワインです。音楽家ヨーゼフ・ハイドンは長く宮廷に住み、1789年の書類にあるように給料の一部をワインで支払いを受けていました。贅沢に慣れていたドイツの有名な詩人ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテはエスターハージーのコレクションの印象的な財宝を見て、「エスターハージーの妖精の国」と称しました。