タリバーディン ディスティラリー ソブリン

Tullibardine Distillery Sovereign

タリバーディン ディスティラリー

蒸留所元詰めシングルモルト「タリバーディン」がオーナー変更に伴い、新パッケージとなりました。タリバーディン蒸留所は1994年から操業を休止していましたが、2003年に4人のプライベートメンバーが蒸留所と保有する樽を買収し操業を再開、2004年新生タリバーディンをリリースしました。同時に蒸留所を一般に公開し、ビジターセンターもオープンしました。蒸留所はハイランド地方の南端ブラックフォードという村にあり、この地方はピュアなスプリングウォーターを産出することでも有名です。2012年にフランスでワインやスピリッツを販売する会社が買収し、新しい体制で事業をスタートさせました。旧パッケージのタリバーディンはスタンダード品でもすべてヴィンテージを表記しており、いわゆる10年、12年等の熟成年数表記ではありませんでしたが、この新パッケージからは熟成年数表記に変更になりました。テイストの特徴としては、ハイランドモルトでありながら、ローランドを思わせるようなスムースで柔らかい個性を持っています。