ライダー エステート ピノ ノワール

Ryder Estate Pinot Noir

ライダー エステート ピノ ノワール

モントレー・カウンティ、サリナス周辺にまたがる4つの自社畑。フレンチオーク樽(新・旧)にて熟成。

ライダー エステート

モントレー・カウンティの由緒ある大農園主
ライダー・エステートはモントレー・カウンティに 1,600haの広大なブドウ畑を所有するシャイド・ヴィンヤーズが興した自社ブランド。シャイド・ファミリーは1972年からモントレー・カウンティでブドウ栽培を営み、これまでナパ、ソノマ、セントラル・コーストに拠点を置く30以上のワイナリーにブドウを供給してきました。創業者アルフレッド・シャイドは、元農地向けに融資を⾏う投資銀⾏に勤務していましたが、ある投資先のワイナリーからヴィンヤード・マネージメントのビジネスを薦められ、豊富な資⾦⼒をテコに複数のワイナリーと⻑期契約を結び、モントレー・カウンティにおいてブドウ畑を拡大してきました。

最新技術によるブドウ栽培プログラム
シャイド・ヴィンヤーズは近年、GPSによって地勢や土壌をデータ化して区分けし、地区ごとに適切な品種の植え付けを⾏っています。また最新のウェブカメラを畑の各ブロックに設置し、リアルタイムで樹の成⻑やブドウの糖度、土壌の保⽔量が監視できるシステムを導⼊しました。かつてモントレー・カウンティのブドウ栽培は、天候や収量によって品質が大きく左右していましたが、近年、的確なデータ分析をもとに安定した質の高いブドウ栽培が可能となり、今日ワインの質は著しく向上しました。
ワインはそれぞれ品種の特徴が純粋に表現され、モントレーのトレードマークである特徴的な酸味とクリアな果実味が備わっています。ライダーはアルフレッド・シャイドの孫の名前。