クリストフ シュヴォー コトー ブルギニヨン ルージュ

Christophe Chevaux Coteaux Bourguignons Rouge

ピノ・ノワール100%。畑はヴォーヌ・ロマネ村内とヴージョ村内が半々ずつで合計0.3ha。樹齢25~40年。3~5回使用樽で12ヶ月間熟成。

クリストフ シュヴォー

ドメーヌを立ち上げた先代のベルナール・シュヴォーは、1962年から1992年までの30年間、DRC社の正社員として栽培・醸造の両面で同社の礎を築き、定年後も1998年まで契約社員として引き続き勤務しました。ベルナール・シュヴォーはDRC社勤務の傍ら、1966年にヴォーヌ・ロマネ村に小さなドメーヌを拓き、休日や夜間に細々とワイン造りを続けてきました。
1992年、当時24歳の四男、クリストフを、設立3年目を迎えていた「プリューレ・ロック」のアンリ・フレデリック・ロックの元へ修行に出し、2001年に、このクリストフが実家のドメーヌを継承しました。

「10年間、正社員としてプリューレ・ロックに勤務しました。父から教わったDRCにおける栽培と醸造、そして、実際に僕がロックで携わってきた栽培と醸造は、多くの点で実によく似ています。そのほぼすべてを、僕のドメーヌでも採用しています。というかそのやり方しか知らないので・・・。ただ、家族で細々とやっているドメーヌで栽培担当者を何人も雇うことはできないので、完全なビオロジーは難しく、身の丈に合ったリュット・レゾネに取り組んでいます。あと、SO2をまったく入れないのは醸造中に酸化するリスクが極めて大きいので、僕は必要最小限、使うようにしています。とにかく畑を耕して耕して、土に空気を取り込むことです。それが基本中の基本で、かつ、最も大事なことです。除草剤も殺虫剤も必要ありません。優しくしなやかなワインを造るのが目標です。」(クリストフ・シュヴォー)