コシュ・ビズアール ムルソー オルモー

Domaine Coche Bizouard Meursault l'Ormeau

コシュ・ビズアール

ジュリアン・コシュ・デュボーが1940年に興したドメーヌ。アラン・コシュ・ビズアールは、ムルソーで有名なドメーヌ・コシュ・デュリのフランソワ・コシュ・デュリの従兄弟。現在は、アラン・コシュ・ビズアールと息子のファビアン(ファヴィアン・コシュは、1991年からワイン造りに参加しており、98年から全権を任されています)によってドメーヌは運営されています。所有する畑は10ha程。コシュ・ビザールの特徴は、コント・ラフォン等と同様に発酵から熟成までを小樽で行うことです。また、樹齢の古い区画を数多く所有しており、複雑でミネラルの豊富な極上の白ワインを生産しています。