楯の川酒造 Nature-H Japanese Oak

たてのかわしゅぞう ナチュルフ ジャパニーズオーク

楯の川酒造 Nature-H Japanese Oak

北海道・東北に生育する日本固有のオーク「ミズナラ」
ヨーロッパにおいて代表的なオーク「フレンチオーク」
其々のオーク材で作製した樽に、ナチュルフ・オーク・シリーズの為に特別醸造した純米大吟醸を漬け込みました。吟醸香を抑えることで、樽から移る繊細な香味を感じていただきやすくしています。醸造技術では生み出すことのできない「自然の力」を得た日本酒に仕上がりました。それぞれの樽が持つ香りのニュアンスの違いをぜひ体感してみてください。

ジャパニーズオーク

日本のオーク「ミズナラ」と日本酒が織りなす新しい旋律
ラムのような深みのあるウエットな木香、オリエンタル感溢れる風味をお楽しみください。

フレンチオーク

欧州を代表するオークと日本酒の国境を超えた調和
バニラのような心地よくドライな木香、上質感に満ちた風味をお楽しみください。

  • 楯の川酒造 Nature-H Japanese Oak 720ml

    楯の川酒造 Nature-H Japanese Oak 720ml

    たてのかわしゅぞう ナチュルフ ジャパニーズオーク 720ml

    価格 ¥3,300
    売り切れ

    原料米 出羽燦々(山形県産契約栽培米)
    精米歩合 50%
    酵母 K601
    日本酒度 -2
    酸度 1.5
    アミノ酸度 1.0
    Alc 17%

楯の川酒造

山形県酒田市山楯字清水田27

進化する酒蔵

楯野川酒造の位置する山形県庄内地方は北に鳥海山、南に月山を配し、全国有数の穀倉地帯。仕込み水は標高2,236mの鳥海山の伏流水。酒米は生産量の8割以上が山形県オリジナルの酒造好適米である出羽燦々と美山錦の契約栽培米が使われています。

H22BYからは全量純米大吟醸造り。若き蔵元・佐藤
淳平氏が100年後を見据えながら醸します。全量自家精米、全量麹蓋製麹、全量瓶火入、全量無炭素濾過、冷蔵貯蔵設備の整備などこだわりを持って、近年全ての酒のレベルを底上げ。生産量の八割以上が地元の契約栽培米を使用し、日々進化し続ける蔵元。また、フルーツ王国山形の恩恵を受けて造る和のリキュールも人気。

グラス一杯で3杯分の満足感

楯野川は全て精米50%以下まで磨いた純米大吟醸のみ、「グラス一杯で3杯分の満足感」を味わいのコンセプトに造られています。

  1. 純米大吟醸の上質感
  2. 米を噛み締めるような豊かな旨さ
  3. 季節感と蔵の臨場感を表現

品の良い香りが立ち、口に含むと穏やかな甘味が広がる。喉をスッと通り抜ける時の爽やかにキレていきます。
ワイングラスで美味しい日本酒アワード2012で金賞を受賞するなど近年注目を集める蔵元。