クルジウス トライザー ローテンフェルス リースリング カビネット

Dr. Crusius Traiser Rotenfels Riesling Kabinett

クルジウス

クルジウス家は1576年、トライゼンの小さな村にその歴史がスタートした伝統あるファミリーです。ワイン造りは代々受け継がれ、1888年には現在のワイナリーの礎が築かれます。1950年頃に、ハンス・クルジウスが約8haの畑を購入し生産者元詰めワインの生産をスタート、ブドウ栽培農家からの大きな転換期となりました。1990年からは息子のピーターがワイナリーの運営を行なっています。現在では5つの地域にて約18haの畑を所有し、リースリング、ピノブラン、ピノノワールを主要3品種として栽培、ブドウの個性を大切にしたワイン造りに情熱を注いでいます。年産10万本、フルーティーで複雑味のある、ミネラルリッチなワインを産出しています。

現オーナーであるピーターは、ホーエンハイム大学でディプロマを取得、ガイゼンハイムにて醸造研究を行ないました。その後クルジウスワイナリーの運営に参画、1990年にはワイナリー名をDr.クルジウスと改め、トライゼン、ニーダーハウゼン、ノルハイムなどのエリアに畑を購入、本格的な運営に乗り出します。

ワイナリーは、ナーエの象徴でもあるローテンフェルスと呼ばれる赤い断崖の麓にあり、土壌は主に火山岩や赤岩・花崗岩土壌にて形成されています。畑では、65%がリースリング種、それ以外にピノブラン種やミュラートゥルガウ種、シャルドネ種、ピノノワールなどを栽培しており、僅か1.2haのバスタイや7ha所有するローテンフェルスなどの畑のブドウから高品質のワインを造っています。