ジャン・リュック・テュヌヴァン キュヴェ・コンスタンス コート・デュ・ルーション・ヴィラージュ

Jean-Luc THunevin & Domaine Calvee Thunevin Cuvee Constance Cotes du Roussillon Villages

ジャン・リュック・テュヌヴァン

フランス、ボルドーのサン・テミリオン地区でシンデレラ・ワインと称されるシャトー・ヴァランドロー。このワインを手がけるオーナー兼醸造家であるジャン・リュック・テュヌヴァンは、以前より南仏の土地の安さと樹齢の高さという将来性に注目していました。

2000年。南フランスでも歴史あるモーリー地区から彼のプロジェクトが始まりました。そして南仏で最も優れていると称賛されているモーリーの協同組合のカーヴからからテュヌヴァン氏が選び出したのがこのカランドレ・レゼルヴです。

また、テュヌヴァン氏は同じく2000年にモーリーで名高い醸造家であるジャン・ロジェール・カルヴェ氏と共同でドメーヌ・カルヴェ・テュヌヴァンを設立し、キュヴェ・コンスタンスをリリースいたしました。