アバニコ シンフォニア シラー

Bodegas Abanico Sinfonia Syrah

アバニコ

スペイン全土のワインを驚きのコスパで提供!

ボデガス・アバニコは2006年、イギリス人で元ワインバイヤーのラファエル・デ・ハーン氏が設立した会社で、スペイン全土のワインを対象に自らの目利きでワインをプロデュースし、プレゼンテーションまでを完結したクオリティワインを販売しています。ハーン氏はより畑に近い仕事を志して2001年にイギリスからバルセロナに移住。そこで仲介業から身を興し、やがて経験を活かしたワイン造りへと事業を発展させていきました。
取り扱うワインの大半はコストパフォーマンスに優れ、毎日手に取りやすいワインであることを大切にしています。ボデガス・アバニコは費用のかかる醸造施設や大量生産に掛かる間接費用などを持たないため、費用を抑え、競争力の高い価格のワインを提供することができます。ワイナリーの基準点は常に「品質対価格」と言う点に置かれています。お客様がワインの価格を聞いた際に驚く顔を見るのが大好きなのです。評価誌で「20ドル以下のベストバイ」や「15ユーロ以下のベストワインリスト」などにも常にランクインしていることがそれを物語っています。何よりも難しくそして何よりも大切なことは、オークションで落とされる途方もなく高いワインを造るより、素晴らしい高品質のワインを毎日楽しめる手の届きやすい価格で提供することだと考えています。

情熱溢れるワインの目利き

イギリス生まれ。2000年にイギリスでワインビジネスに携わるようになる以前は、歴史とラテン・アメリカの研究をしていました。ワインバイヤーとしてアルゼンチンやチリのワイナリーを訪ねるうちに、畑から遠く離れたオフィスではなく、もっとぶどうの樹に近い場所に彼の本当の居場所があると感じるようになります。そして2001年にバルセロナに移住。そこで、未だ国際市場で知られていないスペインの持つ偉大なポテンシャルに気づくようになり、それ以降出来うる限りスペインの地域やブドウ品種、ワイン造りに携わる人々について学び始めるようになります。2002年、初めてイギリスに1パレットのワインを仲介した後、バルセロナに小さなワインとタパスのバーをオープンします。2005年にワインビジネスが十分軌道に乗り始めたとき、知人のレストランにバーの経営権を売り、エクスポートイベリアという会社を設立します。そして2006年、パートナーであるヌエラ・アルテス氏と共同でボデガス・アバニコを立ち上げることとなります。