ジョセフ・クローミー ペピック ピノ・ノワール

Josef Chromy Pepik Pinot Noir

100%自社畑のピノノワール。手摘みによって選りすぐられたピノ種の房は醗酵に入る前にやさしく柄を取り除く。開放槽でゆっくりかき混ぜる事で空気を循環させるのですが、この技術によって鮮やかな新鮮さを個性とする果実の特徴を表現させます。フレンチオークで軽めの醗酵を促すことで果実味以上のものが現れない特徴を持たせます。*ワインに使用されている「ペピック・Pepik」とはチェコで一般的に「ジョセフ・Josef(ヨーゼフ)」という名前に対する幼少時のニックネームです。

ジョセフ・クローミー

ジョセフ・クローミー氏はかつてズボン1本、ポケットにはコインが数枚、まさに一文無しでオーストラリアへ渡り、移民としてタスマニアへ辿り着き今や実業家としての頂点まで成し遂げた偉大なる人物、「タスマニアの父」と称されています。炭鉱夫として蓄えたお金で1件の肉屋を始め、タスマニアの食肉業を皮切りに土地開発産業そしてワイン産業に至るまでタスマニアの発展に「ジョセフ・クローミー氏」は無くてはならない存在でした。会食するたびに氏から述べられる言葉の中で、オーストラリア不況下の80年代、40万人にも満たないタスマニアで食肉業界は厳しいものがありました。そんな中助けてくれたのが日本の商社でした。その時、「日本向けにできた商売があったからこそ今の自分たちは存在するんだ」と日本とのワインビジネスにおいても非常に好意的に支えてくれました。

ワインのラベルに描かれている「しっぽを2本もったライオン」が最初に現れたのは12世紀、ボヘミア王国の紋章としてでした。そしてワイナリーにとって、創設者ジョセフ・クローミー氏の功績や遺産を象徴しているものとして、ライオンが描かれています。
ジョセフ・クローミーのセラードア、ブドウ畑、そしてワイナリーはRelbiaという北タスマニアのロウンセストンから南へ15分ほど運転した所にあり、ロウンセストン空港からも近い距離にあります。ここにはクリーンで、現代的、最低限の外観、入手可能な最先端の技術を供えたワイナリーとして建設されました。自社畑は61ヘクタール(150エーカー)になるブドウ畑と新しく完成した最先端のワイナリーを含み、涼しい気候が作るプレミアムな果実からエレガントなワインを生み出しています。品種はピノグリ、ソービニヨン・ブラン、シャルドネ、リースリング、ゲヴェルツトラミナーそしてピノ・ノワールを育てています。またプレミアムなスパークリングワインと貴腐のリースリングも作っています。今や、ジョセフ・クローミーはほんの2年でタスマニアワイン産業の歴史において最も成功し発進したワイナリーの1つとなり9つを超えるトロフィー・メダルとそれ以外に90以上ものメダルを集めました。
ブドウは、ハイテクのドイツ製プレス機が低圧で搾汁を可能にし、より繊細な香りを備えた果汁に仕上がります。すべてのピノ・ノワールは少量に分けて開放槽の発酵タンクで発酵させますJ/クローミー氏と共に共同開発された空気を送り込む機器(パンピング)は、優しく果皮を沈め、発酵間の色素とタンニンの抽出を管理するために使用されています。ワイナリーにあるすべての機器や工程は、高品質で冷涼気候であるタスマニア産ぶどう果実の繊細な品種の風味や特徴を考慮し配慮したデザインに設計されています。そのため本土とは異なる味わい、果実味だけではなくミネラル感がバランスよくワインから感じられます。今や大陸の気候が不安定で気温が上昇している中、冷涼なタスマニアの葡萄は大手生産者やフランス資本のワイナリーなどから高値で取り引きされています。