ポール クルーバー ソーヴィニヨン・ブラン

Paul Cluver Sauvignon Blanc

デカンタ―・ワールドワイン・アワード14'「インターナショナル・トロフィー(世界一!)ステンレス発酵後、一番小さなタンクで熟成させることでより複雑になる。そのままオリが入った(シュール・リー)状態で5カ月熟成し、よりリッチで厚みのあるボディに仕上がった。2009年11月28日のジャンシス・ロビンソンのサイトで「絶対お勧めの世界の白ワイン77本の1本に選出される。2008年デカンター(英国)で新世界ワインのべスト・ソーヴィニョンブラン受賞など受賞多数。「南アフリカで最も急速に伸びているワイナリーのトップ10」、「ベストバリュー・ワイナリーのトップ10」、「最もエキサイティングで大発見のトップ10」に選ばれている(Wine
Report 2007 by Tom Stevenson)。

ポール クルーバー

良質なぶどうの生産地として名高いエルギン地区に位置するポール・クルーバーは、家族経営のワイナリー。オーナーのポール・クルーバーはドイツ系。徹底した質にこだわるワイン造りをコンセプトにしている。一本一本にポール・クルーバーならではの情熱と手造りの風合いを感じさせ、その上品な味わいは欧米でも高く評価されている。

南アフリカ初の黒人労働者支援を目的としたタンディ・プロジェクトの立ち上げや、スローライフ&スローフードを提案し、環境保全を提唱するスローワインにも大きく関わっている。南アフリカワインの改革者としての社会的役割も担っているワイナリー。

ジャンシス・ロビンソンも絶賛する南アフリカのトップワイナリーの一つ。