エメシュテンツ ヴァン・ダルザス エーデルツヴィッカー

Domaine Aimestentz Vin d'Alsace Edelzwicker

グラン・クリュ"Steingruber"の丘が始まる斜面下にある区画の葡萄を使用。土壌は砂質粘土。主体となるシャスラをシルヴァネールは同時に収穫後、同じタンクで発酵させ、後にリースリングとゲヴェルツトラミネールをブレンド。柔らかなフルーツの香りと溌剌とした酸。スムースで引っかかりの無いアルザスならではのブレンドワイン。

エメシュテンツ

ドメーヌ・エメシュテンツは南アルザス、オー=ラン県のヴェトルスハイム村に本拠を置いています。ドメーヌの歴史は1919年に初代が畑を開拓し、葡萄栽培を行った事から始まります。当初は造ったワインを協同組合に卸していましたが、3代目のエメシュテンツ氏がドメーヌを立ち上げ瓶詰めまで実現。現在は4代目のエティエンヌ氏がドメーヌを切り盛りしています。

ヴェトルスハイムを中心に合計14haの畑を所有。「ワインは土地を表現する」と、所有するそれぞれの畑の土壌タイプを知り、その土地に適した葡萄品種を植えること。このドメーヌの信念と常に向き合った葡萄栽培とワイン醸造を代々実践している生産者です。2004年から化学肥料の使用を止め、2007年には全ての区画がビオロジックに移行。2010年にはエコセールの認証を受けました。