テヌータ・ディ・フェッシーナ エロ

Tenuta di Fessina Ero

"Ero"という語はイタリア語で"私は・・・でした"という意味で、このワインに使われるぶどう品種
Nero d'Avola の "Nero"
と韻を踏んでいる。このワインの名前はその複雑さと神秘性を反映しています。

テヌータ・ディ・フェッシーナ

栽培のスペシャリストとして知られ「GAJA」の栽培責任者やイタリア国内の幾つものワイナリーの栽培・醸造コンサルタントを務めるフェデリーコ・クルタスが産み出すエトナワイン。
オーナーはトスカーナの生産者ヴィッラ・ペトリオーロのシルヴィア・マエストレッリとロベルト・シルヴァ。2007年、途方も無く美しい、そして豊かな土地に魅せられ、カスティッリオーネ・ディ・シチリア村のロヴィテッロ地区の土地を購入。50万年前から噴火を続けるエトナの土地は、灰が流れ堆積し、時には雨に流され、時には流れる溶岩と混ざったり覆われたりしながら、農地として耕され、長い年月をかけ自然と素晴らしいぶどうを実らせる天然の盆地を創り出しました。