ヴァルサンソ フリザンテ ティント

Valsanzo Frizzante Tinto

ヴァルサンソ

1810年の創業。現当主は5代目のハビエル氏はルエダとリオハに畑を所有しています。ルエダのワイナリーは、1810年の創業。リオハは新しいプロジェクトとして2002年に発足しました。農業工学技術者でありMBAを保持する彼は、以前に近代醸造研究の総本山であるデイビス校スペインにて*SIS(土壌分析装置)の開発リーダーを務め、土壌分析とそれに基く畑のマネージメントのスペシャリストです。彼は自分のワイナリーにその全てのノウハウを注ぎ込み、土壌、地層の個性をリスペクトしたワイン造りに取り組んでいます。