所酒造 房島屋 純米吟醸 兎心

ところしゅぞう ぼうじまや じゅんまいぎんじょう ところ

所酒造の夏酒。しっかりとした含み香で、原酒でありながらもさっぱりと飲める夏向けの純米吟醸おりがらみです。

所酒造

岐阜県揖斐郡揖斐川町三輪537-1

優醸美酒「房島屋」

若き醸造責任者(蔵元杜氏)である所
優氏が「自分が本当においしいと思えるお酒をつくりたい!」と情熱を注いで造ったお酒に屋号の「房島屋」を冠した銘柄。明治初期創業の岐阜県揖斐の小さな酒蔵で、自らの感性を大事にしながらも、時にはお客様と意見をぶつけ合い、柔軟に、試行錯誤を繰り返しながら酒を醸しています。

所マジック

封を切ると、まず豊潤で品の良い香りが鼻をくすぐり、口に含むと甘味と旨味が一気にブワッと広がります。そして特筆すべきは、たっぷりの旨味をまるでイリュージョンのように綺麗に流してくれる酸。房島屋の酒質を特徴づけるこの酸使いは、一部では所マジックと呼ばれているとかいないとか。味が消える直前にチラッと顔を見せる苦味がかわいい。

酸がしっかりしてるので、脂の乗った魚や肉料理などにも好相性。脂をサッパリ洗い流してくれて、食中酒としての使い勝手も◎。スピード感のある新時代の濃醇旨口。初心者から愛飲家まで楽しませてくれるお酒です。