鈴木宗右衛門酒造 純米吟醸酒 熊野古道

すずきそえもんしゅぞう じゅんまいぎんじょうしゅ くまのこどう

口に含んだ瞬間、どっしりと重厚な香りが広がり米本来の味を楽しむ事ができます。食欲がかきたてられ、お料理を楽しむ酒として最適です。また精悍でコクのある後味も特徴的です。

鈴木宗右衛門酒造

熊野は深い森と清らかな水の国。自然を敬う心は信仰の原点となり、やがて祈りの道が生まれました。その参詣道は熊野古道と呼ばれ世界遺産にも登録されています。当地で歴史を育む鈴木宗右衛門酒造は、丹精込めた地酒に「熊野古道」と名付けました。郷土の森に宿る神々に想いを込めて。