ドメーヌ パラン ポマール プルミエ・クリュ レ・シャポニエール

Domaine Parent Pommard 1er Cru Les Chaponnieres

ドメーヌ パラン ポマール プルミエ・クリュ レ・シャポニエール

ポマールの1級畑、ヴォルネイ側のレ・リュジアン=バと地続きの東側の区画です。
美しく輝きのある色調。ほのかなスパイスと赤い果実のアロマが広がりをみせます。偉大なフィネスを持った崇高なワインです。新樽率30-40%。

ドメーヌ パラン

1803年パラン家のドメーヌはポマールに設立されました。今日、ドメーヌはパラン家の姉妹であるアンヌとカトリーヌによって運営され、17世紀に始められた一族のワイナリーの伝統を継承しています。畑はおよそ10ヘクタールに渡り、その大部分はコート・ド・ボーヌの赤ワインを産出します。パランが最も力を入れているのはポマールのワインですが、コルトン、ラドワ、ボーヌ、モンテリーといったアペラシオンも生産されています。

アンヌ・パランは地元に密接な関わりを保ち、高い評価を受けています。現在はBIVB(ブルゴーニュワイン委員会)のコミュニケーション部門長を務めています。ドメーヌ・パランのワイン造りの信条は、ピュアで複雑な構造を持ち、エレガントで力強い味わいを備えていることです。その卓越したワインの質は、一族に受け継がれた厳格な仕事の結晶だと言えるでしょう。