ヴィニエティ・ザブ グリッロ

Vigneti Zabu Grillo

グリッロは、シチリア土着の葡萄品種ですが、ポピュラーになって、世界のあちこちで見られるようになりました。やわらかくプレスした後、香りを引き出すために低温で発酵します。熟成はステンレスタンクで行います。麦わら色、さわやかな花の香りと一緒に、エキゾティックな果実の香りが感じられます。フレッシュでありながらとろりした厚みがあり、後味には心地よいほろ苦さを感じます。

ヴィニエティ・ザブ

ザブの創始者のアデュア・ヴィッラは、1980年に南アメリカからイタリアへ移り、ワインの販売に携わっていました。その頃から、いつかは自分のワイナリーを持つ事を夢見ていました。
そして、念願の畑を購入し、畑の手入れを始めたのです。彼は、ファルネーゼの醸造責任者であるフィリッポ・バッカラーロと10年来の友人だったので、自分の畑を見せました。するとバッカラーロは、その可能性を秘めた畑に惹かれ、ザブの醸造も手がけることになりました。畑を購入してから3年間は畑の手入れに専念し、4年目に初めてワインを造りました。
その後順調に売り上げが伸びていくなか、世界中の顧客を相手にしていくことが難しくなり、ファルネーゼのカミッロ、フィリッポ、ヴァレンティーノがオーナーとなりました。これまで30haの自社畑と、26haの畑を借りていましたが、さらに300人の組合員を持つカンティーナから、フィリッポが葡萄を選んで買い付けることになります。また専用のボトリングラインを設け、さらにバリックなどの設備を整え、品質の高さを保ったままで量を増やすことを可能にしました。フィリッポがファルネーゼで1年間教えたオーストラリアのワインメーカーが常駐し、フィリッポも2週に一度は飛行機で見に来ます。
これまでも「ルカ・マローニ」ですでに高い評価を獲得しており、ファルネーゼの資本が入ることにより、さらに質、量ともに伸びることが期待出来ます。