ヴィーニョス ドウロ スペリオル カステロ ダルバ レゼルヴァ ドウロ ブランコ

Vinhos Douro Superior Castello d'Alba Reserva White

海抜約550mに位置する古くからの畑。ここでは集約のあるアロマと高い酸を持った葡萄が出来ます。収穫は15kg入りの箱を使い、手摘みで行ないます。葡萄本来の持つアロマを逃さないようにやわらかく破砕、圧搾を行い、約16℃にコントロールしながら発酵させます。ワインの一部はフレンチオーク(新樽ではない)で発酵させています。定期的なバトナージュを行いながら、フレンチオークとアメリカンオークで熟成させます。

ミネラルのキャラクターに柑橘系の果物、ライムを思わせるエキゾティックなフルーツ、そして控え目なトーストのニュアンスが混ざる複雑で魅力的なアロマが広がります。口に含むとフレッシュな酸とボリュームのある果実味が感じられます。非常に長い余韻があります。土着品種の個性が最大限に表現された、アロマティックでバランスのよいワインです。

コデガ・ド・ラリーニョ、ラビガート、ヴィオシニョのブレンド。

ヴィーニョス ドウロ スペリオル

VDSは1999年に設立されました。オーナーは、ルイ・マデイラとジョアン・マトスです。
ルイは、世界最大のコルク会社アモリン(Amorim)で働いていました。ジョアンは、農家やワイン生産者をサポートする仕事をしていました。二人とも醸造学科を卒業しています。

ルイの家族は、葡萄畑を持っていて、かつてはポートワインの生産者に葡萄を売っていました。しかし、品質の高いスティルワインの市場が広がったため、二人はビジネスの可能性があると考えました。質の良い葡萄があり、海外でのワイン造りの経験(ルイは海外、ニューワールド、ジョアンはイタリアでの経験があります。)、新しいラベルデザイン、ポルトガルにおける数多くのつながり、市場に関する国際的な知識、そしてハードワークに耐える忍耐力を持っていたからです。

VDSは、白葡萄用のキンタ・ダス・ペドラ・エクリタ(Quinta das Pedra
Escrita)15haを所有しています。また、100%管理を行うキンタが5つあります。キンタ
ファフィデ(Quinta Fafide)、キンタ・ダ・カサ(Quinta da
Cassa)、キンタ・ド・バンコ(Quinta do Banco)、キンタ・ド・コア(Quinta
do Coa)、キンタ・デ・プハレス(Quinta de
Pujares)です。これらは、VDSを始めるまで、ブランドが市場に存在していなかったキンタです。

VDSのチームには、アグロノミスト(農学者)、ルイがいます。VDSは、葡萄畑、収穫、ワイン醸造、ブレンド、ラベルのデザイン、販売戦略などすべての面において責任を負っています。各キンタのオーナーと長期的なプランを立て、ブランドをスタートさせます。そして、ワインのプロフィールや個々のブランドの方向性、スタイルを決めます。ボトリングなど全ての工程をVDSが行っていますが、法的には、それぞれのキンタの名前をバックラベルに記載しなければなりません。キンタの名前が付いているワインは、当然そのキンタの葡萄しか使いません。

カステロ・ダルバは、VDSのブランド名です。上記のVDSが管理するキンタから購入した葡萄で造られています。それらのキンタの名前を付けたワインに使う量よりもたくさん葡萄が取れるので、残りもVDSが買い取り、カステロ・ダルバを造っています。つまり葡萄の出所を確実に把握しているという訳です。