ヴェゼーヴォ ベネヴェンターノ アリアーニコ

Vesevo Beneventano Aglianico

ベネヴェンターノ丘陵に植えられたアリアーニコから造られています。収穫量を抑えて造られるこのアリアーニコは、芯まで黒紫色といえるくらい、しっかりした色調で、ビターチョコやナッツの風味があり、酸とたっぷりとした果実の甘味が絶妙のバランスです。ボリュームがしっかりあり、長く余韻が続きます。

ヴェゼーヴォ

2000年創業のヴェゼーヴォは、ファルネーゼとカンパーニャの生産者により設立されました。「ヴェゼーヴォ」とは、ヴェズーヴィオ火山のラテン名です。所有する畑は35haです。トップ
クラスのカンパーニャワインを造るフェウディ ディ サン
グレゴーリオの共同設立者で前のワインメーカーだったマリオ
エルコリーノと、ファルネーゼのマルコ
フラッコがワイン造りをしています。ヴェゼーヴォは、単一品種にこだわってブレンドをせず、地元の品種100%でワイン造りをしています。そして、葡萄や地域の特徴を最大限に生かすための最新技術を取り入れています。畑では、葡萄が焼けてしまわないように、地面に草を生やしています。土壌が豊かで、草が自然に生えてきます。また、北イタリアと同様に日中暖かく、夜は涼しくなります。土壌は火山灰を多く含んでいて、水の吸収が良く、雨が降っても影響があまりありません。白ワインは、より芳香成分を抽出するため、圧搾する前に葡萄を冷却してから醗酵させます。また、樽熟していないにもかかわらず長い寿命をもっています。その理由は、土壌が火山岩質で大変豊かなミネラルを含み、葡萄がハイレベルな品質となるための要素を凝縮させるからで、ワインが飲まれる時に大きな驚きと感動をもたらします。また赤ワインは、より強烈で個性のある香りを表現するために、最初のうちは低温発酵を行い、その後約20~25日間という長いマセラシオンを経て、ボリュームのあるしっかりとしたスタイルに仕上げています。