ザルト 白ワイン

Zalto Glasmanufaktur White Wine

ザルト

14世紀からグラス工芸の伝統を持つオーストリア、ノイナーゲルベルグ。イタリア、ベネチアでグラス生産を営んでいたザルト一家は新天地を求めてこの地へ移り住み、現在は6代目がオーナーを務めています。グラスは全てハンドメイドで鉛を使用しないカリ・クリスタル製造。オーストリアのワイン業界では知らない人はいないであろう、司祭でワインエキスパートのハンス・デンク氏がデザインを手掛けています。地球の自転の角度と同じ、24°、48°、72°の3つの角度の組み合わせを食料貯蔵庫の設計に用いると、食物の鮮度をより良く保つことができ、さらに味わい深くなる、という古代ローマの教えをもとに、グラスに角度をつける独特のデザインを採用しています。

ドイツの雑誌 "STERN"
主催、国際ソムリエ・グラスエキスパートパネルにおいて、ザルトのワイングラスは全ての部門で見事1位を獲得しました。ザルトのグラスは世界中の美食家から高い支持を受け、広く愛用されています。