テラノブレ ピノ・ノワール レゼルバ VS

Terranoble Pinot Noir Reserva VS

地中海性気候。土壌は花崗岩で、土壌の深さは80-100cm。畑は、チリにおいて白ブドウ品種の栽培で最も知られているカサブランカバレーに位置。冷涼な気候での熟成が向いているピノノワールも高い評価を受けている。植密度5000本/ha。

活き活きとした明るい赤色。チェリーの様な赤い果実の香りが溢れ、きれいな酸味と豊かな果実味にソフトなタンニンが調和し、優しく口の中に広がります。

テラノブレ

テラノブレのワイナリーは、チリの首都であるサンチャゴ市の南300km、サンクレメンテ渓谷に有り120haの畑を所有しています。
設立は1993年で、栽培される葡萄は全て接木していないフランスからのものです。この地域で特に評価が高い品種、カルメネールやカベルネ・ソーヴィニヨン、メルローを栽培しています。

テラノブレでは、一部ボージョレーに似た独特の製法により醸造が行われ、葡萄の持つ本来の風味を大切にしたワイン造りを行っています。その味わいは、芳香に富んだ豊かで素晴らしいもので、特にメルローと最近注目のカルメネールには定評があります。

テラノブレは、1994年のファーストヴィンテージでたちまちその質の高さと気品ある味が認められ、それ以来年を経るごとに高級ワインの製造業者としての地位を固めています。