梅乃宿酒造 : 梅乃宿 弐拾年熟成 秘蔵大古酒

うめのやどしゅぞう : うめのやど にじゅうねんじゅくせい ひぞうだいこしゅ

梅乃宿酒造

奈良盆地の南西。葛城の山と二上の山の麓に位置する梅乃宿酒造は、奈良の都の歴史と風土をほうふつとさせる旨口の酒を醸し続けてきました。
ただ香りがいい、味がいい酒は大手に任せ、今の世の流れである淡麗辛口にもあえて逆らう"懐の深い旨口の酒"です。

大量生産はせず、
ラベルの銘柄と日付だけで味が把握できるよう、目の行き届く範囲での酒造り、"小さな蔵"であることにこだわる酒蔵です。