フラワーズ : ピノ・ノワール フランシス・トンプソン

Flowers : Pinot Noir Frances Thompson

キャンプミーティングリッジと並び、ソノマコースト最高峰のヴィンヤードの一つ。

フラワーズ

太平洋の還流の影響を強く受ける沿岸のソノマコーストは、長らくブドウ栽培には適さないとされてきた。ペンシルバニア州の苗床商を営むウォルト&ジョアン・フラワーズは、この寒すぎる土地で、長年の夢であったワイン造りを始める事を決意、周囲の嘲笑をよそに、海を見下ろす丘の上の小さな土地を見つけた。その後、世界中にその名を轟かせる"キャンプ
ミーティング
リッジ"である。気温は非常に低く、カリフォルニア名物の霧の下ではもはやぶどうは育たない。そのため彼らの畑は、霧の及ばぬ約400メートルの高地にある。カリフォルニアの強い日差しと低い気温、この相反する要素が他のどこにもない独特な風味を与えるこのワインは、新しい醸造家、ロス・コブにより近年さらに品質向上がめざましい。フラワーズによってピノ・ノワール&シャルドネの新しい聖地として広く知られる事となったこのエリアには、現在超一流のワイナリー達が押し寄せている。