デュルンベルク : グリューナー・フェルトリーナー ラーベンシュタイン

Durnberg : Gruner Veltliner Rabenstein


ラーベンシュタイン

土壌
粘土質土壌に風化石灰質土壌

葡萄
樹齢45年のグリューナー・フェルトリーナー

醸造
48時間のスキンコンタクトの後、ステンレスタンクで醗酵。その後アリエ産とオーストリアのマンハッツベルク産のオーク50%づつで造られた1000Lの樽で11ヶ月の熟成。

味わい
きれいなゴールデンイエロー。熟した桃やリンゴや上品なローストした香り。エキスたっぷりの果実味にスパイスの味わい。芳醇でエレガント、クリーミーな白ワイン。ミネラリーな余韻が長く続く。

デュルンベルク

デュルンベルクはオーストリア、ヴァインフィアテル、ファルケンシュタイン村にあるワイナリーです。ワインメーカーのクリストフ・カーナーはヴァインフィアテル生まれの造り手で、この地方の優れたワインのポテンシャルを見出し、新たなヴァインフィアテルスタイルのワインを造るパイオニアです。

デュルンベルクがあるヴァインフィアテル、ファルケンシュタイン村はオーストリアの他の有名ワイン産地と比べても特別な気候の環境にあります。夏は非常に暑い日中と夕方にはぐっと冷え込みます。これらはファルケンシュタインが高い標高にあるからです。これにより葡萄の実が糖分を蓄え、熟する過程がゆっくりと進み、且つきりっとした酸が蓄えられます。同時にフェノール成分がゆっくりと、しかし確実に形成されていきます。その結果ワインは非常に高いアロマと、複雑でバランスの取れたクールでフレッシュ感のある味わいとなるのです。