ヴィーニャ サンタ・マリーナ セルトゥス

Vina Santa Marina Celtus

セルトゥスとは"ケルト人"を意味します。アロマに富み若々しくもまろやかでバランスのとれた赤ワインです。

ヴィーニャ サンタ・マリーナ

1999年設立の新しいワイナリー。代表のアルバロ・デ・アルヴェアは40年もの間、アンダルシア地方でALVEA
S.A.(1729設立のワイナリー)に在籍し、26年間、スペイン・ワイン同盟の代表をしていた人物。引退後にヴィーニャ・サンタ・マリーナを設立。現在は現オーナー、ヨランダ・ピニェーロを筆頭に、女性のスタッフのみでワインが造られているそうです。

現在所有する畑は58haで110haに拡張予定。土壌は花崗岩質で、ミネラルが多い地質。また、アマノ・ガルシア(ベガ・シシリアの醸造担当者)に、醸造設備や収穫のアドバイスを受けているようです。

ヨランダ・ピニェーロ

マドリッドで農業学と醸造学を学び、数カ国でのワイナリー研修を経験。1998年、リベラ・デル・グアディアーナをDOに認定させた責任者で、その後6年間、同DOの代表者として従事。