アデガス パソ ダス タピアス フィンカ オス コバトス ゴデーリョ

Adegas Pazo Das Tapias Finca Os Cobatos Godello

ガリシア語で小道の意味を表すオスコバトスという名のワインです。爽やか&フルーティ、だけどその上旨味を感じる、まさに和風、魚介類の共!

アデガス パソ ダス タピアス

ボデガ・アデガス・パス・ダス・タピアスは、ガリシア地方のDOモンテレイに2006年に設立されたワイナリーです。ボデガが位置しているのは、ガリシア地方で最も暑く乾燥する地区で、樹齢やブドウ樹の剪定等においておそらくDO最上の畑の中心です。ボデガでは、この素晴らしいロケーションのブドウ畑でハードな仕事を行い、優れた品質のワインを供給しています。

DOモンテレイの気候は・・・日照は2700時間でアデガス・パス・ダス・タピアスのあるDOモンテレイは大陸性と大西洋気候の混合で、夏は42℃でまとまった降雨と暑い日が続くのが特徴です。冬は-5℃と冷え込みます。ワイナリーが所有する樹齢約30年の畑は、2タイプの土壌に分けられます。ゴデーリョの植えられた丘の斜面の畑は、水晶を含む砂質土壌。きらきらと太陽の光を反射する水晶により、ブドウは良く熟し凝縮した果汁が得られます。この土壌は水はけも良くフィロキセラにも耐性があります。渓谷にあるメンシアの植えられた畑は、粘土、水晶、砂が堆積した土壌です。(メンシアにはアリエ産バリックを使用しています。

ワイナリーを所有するのはメンデス家で、1940年頃からガリシア地方で代々ワイン造りに携わっていました。2002年にDOリベイロに畑を購入しパソ・ド・マルを設立し、その後、DOリアスバイシャスでベイガ・ダ・プリンセサ、DOモンテレイでパソ・ダス・タピアスを設立しました。現在はパソドマルグループとしてこれら3つのワイナリーを運営しています。栽培総面積は約9haで、年間
350,000リットルのワインを生産しています。