エゴン・ミュラー シャルツホフベルガー リースリング カビネット

Egon Muller Scharzhofberger Riesling Kabinett

エゴン・ミュラー

世界的にその名を知られているエゴン・ミュラーのワイン。ドイツ国内で開催されるオークションでは、いつも高額で競り落とされています。エゴン・ミュラー家の古典的で堅く洗練されたスタイルを持つシャルツホフベルガーは、驚くべき程の完璧さを持っています。この醸造所が大変上質の上級ワインを例年のように造るその秘訣は、8.5haのぶどう園にて房ごと、粒ごとの厳選を重ねる収穫技術によるものです。樽に移されてからもその方針は変わらず、1984年には80%のワインがエゴン・ミュラーの名を付けずバルクワインとして売られ、Q.b.A.の等級はル・ガレ(エゴン・ミュラーが共同経営している醸造所)の名前で売りに出された程です。カビネット以上がシャルツホフベルガーのラベルを付けることが出来ます。そのセラーは最高級の醸造所に似合わず、大変旧式で、ケラー・マイスターのフランクの極めて保守的な徹底した方針が伺えます。実際この醸造所では、まだ旧式の水圧を利用した圧搾機をワイン造りに使用しています。
ー"LIFE BEYOND LIEBFRAUMILCH" by Stuart Pigott よりー