コル・ヴェトラス ミレシマート ドライ

Col Vetoraz Millesimato Dry

元来、糖度の高いグレラ種の個性を生かしながら、旨みやまろやかさも備えたスプマンテか果実本来の優しい甘みも魅力です。

コル・ヴェトラス

コル・ヴェトラーツは、ヴェネト州北部のプロセッコ生産地域の中でも、標高が高く気温が低いヴァルドッビアデーネに位置しています。当主であるミオット家は、1893年からこの地に住居を構え葡萄を栽培していました。

1993年に、フランチェスコ・ミオットがより質の良いプロセッコを求めて、エノロゴであるロリス・ダラックアが、葡萄栽培のスペシャリストであるパオロ・デ・ボルトリと一緒にスタートしました。
ワイナリーのある美しい丘の名前、コル・ヴェトラーツと名付けました。

アメリカ中のイタリアワイン愛好家からひっきりなしに注文が入る全米No.1のイタリアワイン商、「イタリアン・ワイン・マーチャント」を運営するセルジオ・エスポシート。"イタリアワインの神"とも呼ばれる彼が扱う唯一のプロセッコが、コル・ヴェトラスです。ニューヨークに彼を訪ね、なぜこのプロセッコを選んだのか訊いたところ、「飲み比べてみれば分かるよ」との答え。

プロセッコの聖地「カルティッツェの丘」の上にあるこのカンティーナは、この地域のエノロゴのリーダーであり、プロセッコ造りのエキスパートであるロリス・ダラックアと、プロセッコ栽培のベテラン、パオロ・デ・ボルトーリ(写真)による共同プロジェクトとして設立されました。「彼ら2人によって、ともすれば工業的に大量生産されていたプロセッコの世界に大きな変革が起こりました」(ヤンズ・シュミット)。

その深い味わいと上品さの秘密は、丘陵斜面畑ゆえのミクロ・テロワールの精密な調査と、それに基づく緻密な植樹・栽培法。そして、自家栽培のぶどうのみを使用したきめ細かい醸造。飲み比べてみれば分かります。