ラスコー グランジュ ド ラスコー ルージュ

Chateau de Lascaux Grange de Lascaux Rouge

グルナッシュ・シラー・ムールヴェードル

よく熟した果実の風味と、バジルのようなハーブがほのかに香る華やかなワイン。豊かな果実味とミネラル、ほどよいタンニンが特徴です。

ラスコー

シャトー・ド・ラスコーは、ジャン・ブノワ・カヴァリエが1984年に、ラングドックでトップクラスと言われる産地ピクサンルーに設立したワイナリー。35haの畑を所有する家族経営の造り手です。初リリースは1990年、以来ギド・アシェット等で高く評価されています。

ガリーグと言われる、ローズマリーやタイム等の香草が茂る、風雨に侵食された、小石の多い石灰質土壌に位置するピクサンプールは、昼夜の寒暖差が激しく、独特の繊細さや複雑味のある凝縮された質の良いぶどうが栽培されます。ラスコーでは、この土地に南仏でもトップレベルのぶどう畑を所有しています。

シャトー・ド・ラスコーのワインへのこだわりは、低収量、手摘み、品種ごとの醗酵等すみずみにまで及んでおり、力強くアロマティックなワインが造られます。