ロクブルン テール ドーブ

Roquebrun Terres D'Orb

メルロー35%・カベルネソーヴィニヨン35%・カリニャン20%・グルナッシュ10%

ドーブとはオーブ河の大地を意味しています。ベリー系の凝縮した果実味があり、柔らかな口当たりとまろやかなタンニンのバランスの良いワインです。

ロクブルン

カーヴ・ド・ロクブルンは、ラングドック地方のサンシニアンにある1982年創業の小さな生産者協同組合です。1968年に設立されたセラーは、モンペリエとトゥールーズの町の間にあるベジエから北30kmのラングドック国立公園に位置します。畑は約500Haを所有。生産も軌道に乗った1988年からは毎年多くのコンクールで受賞を重ね、ギドアシェットにも掲載されています。土地の個性をよく反映した造りには定評があり、ロバート・パーカー氏も2つ星を贈っています。

カーヴ・ド・ロクブルンのあるサンシニアンは、広大なAOCコトー・デュ・ラングドックの中心にある産地です。フォージェールからミネルヴォアへと続く恵まれた土壌からは、凝縮感のある気品に満ちたワインが産まれます。ワイナリー名は、このサンシニアンの北部、茶色の岩に囲まれた、中世からの歴史ある村、ロクブルンに由来します。カーヴ・ド・ロックブランでは、ブドウは全て手摘みで収穫し、サンシニアンのテロワールを生かした大変コストパフォーマンスの高いワインを造っています。廉価ながら、カシスやローリエの風味も素晴らしい、熟成向きのワインを安定供給しています。