サン・コム コンドリュー

Saint Cosme Condrieu

偉大な白ワインの一つに数えられています。ヴィオニエ種のみで作られ、少量ながら長命で豊かなコクを持つワインです。

サン・コム

サンコムは、美しい景色と自然で有名なジゴンダスにあるワイナリー。
ワイナリーとしての歴史は古く、約500年間14世代が引き継いできました。さらにワインを造っていた歴史はさらに古く、サンコムの敷地からは、ローマ時代にワインの発酵に使われていた樽などが遺跡として見つかっています。現当主は14代目のルイ・バリュオール。彼自身のファースト・ヴィンテージは1992年で、現在では、自身のワイン造りだけではなく、ネゴシアン業もスタートしています。生産する銘柄はシャトーヌフ・デュ・パプやコート・ロティー、コンドリューに至るコート・デュ・ローヌ北部から南部全域に及びます。現在ではローヌ以外にも畑を所有し、ルイ・バルオールの優れたワインメイキングは全世界にその名を轟かせています。

ローヌ南部に位置するシャトーの畑は、石灰粘土質の優良な土壌で、グルナッシュやシラーをはじめとするローヌに適した高品質のブドウが栽培されています。また、VdTからコート・ロティ、コンドリューに至るどのレンジの商品のにおいても品質にこだわり、醸造技術を駆使してテロワールを最大限に生かしたワインを造りを行っています。

サンコムの代表的なテーブルワイン、リトルジェームズは、形式にとらわれない自由なワイン。フランスのワインは、与えられたクラスに求められる様々な制約に基づいて、厳格に造らなければなりません。ルイはこのような制約を避けるため、あえてリトルジェームズをヴァン・ド・ターブルのクラスにし、自分の好きなように自由にこのワインを造っています。