ドメーヌ・デ・カサノール グロ マンサン セレクション

Domaine des Cassagnoles Gros Manseng Selection

アルマニャックに使用される、フランス南西部を代表するブドウ品種、グロマンサン種100%で造られたワイン。草原を思わせるグリーンノートも清々しい、とても爽やかなワインです。程よい果実味とキレのある酸が様々なお料理を引き立てます。

ドメーヌ・デ・カサノール

ドメーヌ・デ・カサニョールは、ガスコーニュ地方の中心、アルマニャックで有名なジェール県に位置する家族経営のワイナリーです。カルデイヤック家が代々所有してきたワイナリーですが、1974年に子孫である奥様とともに、ジル・ボウモンが運営を引継ぎ、精力的に畑を植え替え、拡張し、ワイン造りに情熱を注ぎました。現在は76haの畑ではリュットレゾネを採用、品質重視はもちろんのこと、環境に優しいワインを行っています。

もともとはアルマニャックの生産者だったドメーヌ・デ・カサニョールですが、ボウモン夫妻の代になってから、若いブランデーをブドウ果汁を割ったFloc
de
Gascogneの瓶詰めを皮切りに、地場のブドウ品種を使った品質の高いスティルワインの生産も始めました。2002年には娘のローラもワイン造りに参加、若くダイナミックなチームが結成され、ますます勢いを増しているドメーヌです。