ジョゼフ メロ デスティネア ソーヴィニヨンブラン

Joseph Mellot Destinea Sauvignon Blanc

印象的なソーヴィニヨンブラン種の芳香と、いきいきとした果実味が特徴です。フランスの権威あるワイン専門誌ギド・アシェットでも高評価を受けているワインです。

ジョゼフ メロ

パリから200km南、サンセールに位置する、1513年から代々続く由緒正しい家族経営の生産者です。現在では、85haの畑を所有し、ロワール上流域の全てのアペラシオンを造っている唯一のドメーヌです。とてもピュアで果実風味の活き活きしたワイン造りが信条です。

ブドウの栽培には、リュット・レゾネ式を採用。摘心・摘果をしっかり行い、収量を制限して質の高い果実を収穫します。ロワール上流では希なそれぞれの土壌に応じた醗酵、醸造を手がけるなど、常に品質の向上に努めており、生産するワインは、ギドアシェットで常に高評価を得ています。

ドメーヌでは、全体の50%を世界30ヶ国
に輸出しており、著名なレストランなどで高く評価されています。
ロワールワインを象徴するべく、商品名にはロワール地域で昔ワインを運んだ専用の船の名前<デスティネア>を採用しています。全てのレンジで最上のワイン造りを目指すジョゼフ・メロならではの高品質のロワールワインです。