ドメーヌ デュ シャトレ ミュスカデ セーブル エ メーヌ シュールリー

Domaine du Chatelet Muscadet Sevre et Maine Sur Lie

熟した果実とシトラスやレモンの芳香、力強いブーケと濃厚な味わいが印象的。軽い酸味と自然な炭酸が味わいを支えています。2007年パリ農業コンクール金賞受賞。

ドメーヌ デュ シャトレ

所有する60haの畑の管理と、自社ブドウを使ったワイン造りを行うのはローラン・ペロー氏。当主、ローランの生まれたペロー家は、その歴史をナポレオン時代に遡る由緒ある家系です。7代にわたってペイ・ナンテ地区でワイン造りを継承し、このエリアを有名にした立役者でもありす。<Selection
les
Egards>厳選重視をモットーに、古いもので樹齢50年、その中でも特に品質のよいブドウを選び抜いて醸造を行っています。

ナント地方の中でも、粘土や片岩、シルトを含む特にブドウ栽培に適した素晴らしい土壌のクリッソン渓谷にワイナリーは位置しています。ワイナリーでは、この地に敬意を払いリュット・レゾネ式のブドウ栽培を行っています。厳しい規制に準じて行われる環境保全型農業の団体<テッラ・ヴィティス>にも認証されています。また、ブドウ醸造には新しい方法を取り入れ、テロワールを最大限に生かしたワイン造りを行っています。