バシュレ ベルナール エ フィス マランジュ プルミエ・クリュ ラ フュシエール

Bachelet Bernard et Fils Maranges 1er Cru La Fussiere

ドメーヌの有るマランジェの畑で産する、キメ細かなタンニンが印象的な、ふくらみと力強さのあるワインです。

バシュレ ベルナール エ フィス

マランジュに本拠地を置くドメーヌ。ベルナール・バシュレの3人の子息、ジャンルイ、フランソワ、ヴァンサンによりワイン造りは行われています。コート・ド・ニュイとコート・ド・ボーヌに40haを所有。ドメーヌのワインはキメ細かなタンニンが印象的な、ふくらみと力強さのある味わいが特徴です。

マランジュは、コート・ド・ボーヌのもっとも南に位置する栽培地。力強く濃い色合いの野生味をおびた赤ワインが造られます。僅かしか栽培されていないシャルドネからも、しっかりとした骨格とミネラル分をもつ長熟タイプのワインが生まれます。ドメーヌでは本拠地のマランジュを中心にポマールやシャサーニュ・モンラッシェ、ムルソーでもワイン造りを行っています。

ブドウは有機農法で栽培。醸造は伝統的な方法で行われます。広大な土地を所有していますが、丁寧なワイン造りを行っており、大変コストパフォーマンスに優れたドメーヌです。